東京外為:ドル上昇、先週からの買い戻し局面継続―商品相場動向に注目

午前の東京外国為替市場では、ドルが上昇。 前週末に続き、海外市場の多くが休場で、流動性に乏しい中、商品相場の急落 を背景にドルが対資源国通貨などを中心に買い戻された前週の流れを引き継ぎ、 対ユーロでは約2週間ぶり高値水準となる1ユーロ=1.53ドル半ば付近までド ル買いが進んだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。