官房長官:馬次期台湾総統の来日、要請あった段階で慎重に検討(2)

町村信孝官房長官は24日午前の記者会見で、 台湾総統選挙で当選した国民党の馬英九氏が5月の総統就任前に日本を訪問 したい考えを明らかにしたと報じられていることについて「着任前が公的な立場 であるのかないのか、そのへんはよく考えて対応しなければいけない」と述べ、 慎重に対応を検討すべきだとの考えを示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。