法人景気予測:業況判断が過去最低に悪化-米景気懸念や原材料高(2)

1-3月期の国内企業の景況判断は大企業 から中小企業まで全産業ベースで悪化し、過去最低の水準となった。米国のサ ブプライム(信用力の低い個人向け)住宅ローン問題を背景とした米国の景気 後退懸念や原油・素材価格の高騰に伴うコスト増により、企業の景況感は厳し さを増している。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。