アジア株:続伸、台湾総統選の結果好感-販売増見通しで日産自に買い

24日のアジア株式相場は続伸。台湾総統選 が中台貿易の改善につながりそうな結果となったことや、日産自動車が販売台 数の増加見通しを示したことから、ハイテク株や自動車株が上げを主導してい る。

台湾総統選では野党・国民党の馬英九前主席が、対中強硬路線をとってい た与党を破って当選した。半導体ファウンドリー(受託生産)最大手の台湾積 体電路製造(TSMC)は、ほぼ4年ぶりの大幅高となっている。日産自は3 営業日連続の上昇。

MSCIアジア太平洋指数は日本時間午前10時19分現在、前週末比

0.7%高の136.82。同指数を構成する10業種中8業種が上昇している。

台湾の加権指数は4.7%高と、昨年8月20日以来の大幅な伸びになってい る。日経平均株価は0.5%高の1万2543円18銭。香港、オーストラリア、ニ ュージーランドは祝日のため休場。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE