東京外為:ドルが強含み、対円で99円台後半―商品相場の動向に注目

午前の東京外国為替市場では、ドルが強含 み。この日は米国を除いて、海外市場の多くが前週末に続き休場で、目先の手 掛かり材料に乏しい中、商品相場の調整を背景にドルが買い戻された前週の流 れを引き継ぎ、ややドル買いが優勢となっている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。