債券は下落、株続伸や高値警戒感で-2年債入札控えヘッジ売りも(2)

債券相場は下落(利回りは上昇)。前週末の 欧米市場が休場となり、手がかり材料難となる中、日経平均株価の続伸や高値 警戒感から売りが優勢となった。あす実施の2年利付国債(4月債)の入札を 控え、先物市場ではヘッジ売りも出て、相場の押し下げ要因となった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。