台湾株相場は上昇へ、国民党の政権奪取で-中国との関係改善を期待

週明けの台湾株相場は上昇が見込まれる。 22日に投開票が行われた総統選挙で最大野党・国民党の馬英九前主席が与党・ 民進党の謝長延元行政院長(首相)に勝利し、国民党が8年ぶりに政権を奪取 したのを受け、買いが先行するとみられる。馬氏は中国との早期の関係改善を 公約として掲げている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。