債券はもみ合いか、株価やあすの入札を見極め―景気予測調査注目(2)

債券相場はもみ合いが予想される。前週末 の欧米市場が休場となり、手がかりに乏しく、国内株式相場の動向やあすの2 年国債入札をにらんで方向感に欠ける展開となりそう。朝方発表の1月-3月 の法人企業景気予測調査が弱い内容となれば、債券需給は良好のため、買いが 優勢になることも想定される。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。