イオン、ヨーカ堂が円高還元セール開催、3割引で消費喚起

総合スーパー国内最大手のイオンとセブン &アイ・ホールディングス傘下のイトーヨーカ堂は21日、約12年ぶりの水準ま で加速した円高・ドル安を受け、期間限定の円高還元セールを全国規模で実施す ると発表した。米国産フルーツや豚肉、ワインなど今後の仕入れで円高メリット が期待できる商品を中心に通常より最大約3割安くして販売する。

小売業界では原料高で商品の値上げが相次ぎ、消費者の節約志向が強まって おり、売り上げに結びつきにくくなっている。このため、両社とも還元価格を銘 打ったセールを通じて消費喚起を図る。

セールは22、23日の2日間実施し、全国のジャスコ295店舗(沖縄県除 く)、イトーヨーカドーは全国175店舗で開催する。対象商品は米国産のグレー プフルーツやオレンジなどでヨーカドーが約30品目、ジャスコは最大約50品目。 現時点では円高還元の対象品目数は少ないが、今後も円高基調が続けば品目数の 拡大や期間延長も検討する。

小売り世界最大手の米ウォルマート・ストアーズ傘下のスーパー西友やダイ エーは今のところ具体的なセールを予定していないが、西友はウォルマートの世 界的な商品調達網を活用し、農産物や食品などの輸入品を拡大する方針。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE