額賀財務相:日銀総裁の空席はできるだけ最小限にする必要ある

額賀福志郎財務相は21日午前の閣議後会見 で、日銀総裁が戦後初の空席になったことを受け、「国際的な金融市場や経済は 不安定な状況にある。総裁の空白はできるだけ最小限にしなければならない」 との認識を示した。

また、野党が財政政策と金融政策の「財金分離」を主張していることに対 し、「財務省出身者ではいけないということにつながる」とし、「人物本位で選 んでほしい」と強調した。

G7(7カ国財務相・中央銀行総裁会議)における日本の信認が低迷する との指摘に対しては、「各国が最適な金融、財政政策を展開するために連携をと って情報を共有することが大事。金融や為替の変動についてはお互いに状況の 把握や情報交換がなされている」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE