ジム・ロジャーズ氏:台湾関連のETFに投資-対中関係改善に期待

米投資家ジム・ロジャーズ氏は、台湾に投 資していることを明らかにした。22日の台湾総統選の結果を受け、台湾と中国 との関係改善が進むとの期待が背景という。

同氏は19日にシンガポールでブルームバーグテレビジョンとのインタビ ューに応じ、台湾関連の上場投資信託(ETF)を最近買い入れたと述べた。

ロジャーズ氏は、総統選で与野党どちらの候補が勝利しても対中関係の改 善につながると指摘した上で、「最終的には中国と台湾の統一に進む。通貨も経 済も統合することになる」との見通しを示した。中国人民元の上昇が、台湾ド ルの価値を高めることになると予想している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE