中国人民元:今週は3月最大の上昇率-インフレ対策で元高容認か

今週の中国外国為替取引では人民元がド ルに対し0.5%上げ、週間ベースで3月最大の上昇率となった。温家宝首相が インフレ抑制を目指し強力な手段を講じると言明したことで、人民元の上昇ペ ースが加速するとの観測が広がった。

温首相は18日、全国人民代表大会(全人代、国会に相当)の閉幕に際し、 今年のインフレ率について、4.8%の目標達成が「困難」となる可能性を指摘。 これを受け、人民元は2005年7月のペッグ(連動)制廃止後の最高値を更新し た。人民元が上昇すれば、輸入コストは低下し、輸出品の価格は上昇する。

スタンダード・チャータード銀行の中国担当調査責任者、スティーブン・ グリーン氏(上海在勤)は「一段の物価高は明らかだ」と指摘。「市場の手段を 用いて一段の調整を進める時期は今だ」と述べた。

中国外国為替取引システム(CFETS)によると、人民元は上海時間午 後5時半(日本時間同6時半)現在、1ドル=7.0540元。一時7.0510元と、 ペッグ制廃止後の最高値を付けた。前日は7.0516元だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE