東芝株が反落、メモリー下落などで今期減益に-予想以上の見方(2)

東芝の株価が反落。取引開始直後に、一 時前営業日比29円(4.2%)安の661円まで下げ幅を拡大した。19日に、主力 の半導体メモリーの市況悪化や次世代DVD「HD-DVD」事業の撤退損失 を理由に、今期(2008年3月期)連結業績予想の下方修正を発表していた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。