クリントン米上院議員、住宅差し押さえ対策を提案-300億ドル規模

米大統領選の民主党候補指名を争っている ヒラリー・クリントン上院議員は20日、2年間で総額300億ドル(約3兆円) 規模の住宅差し押さえ対策を提案していることを明らかにした。差し押さえの 増加に苦しむ住宅所有者や地域社会を支援するのが狙い。

インディアナ州入りしているクリントン議員は、電話インタビューに対し 「金融市場の危機に対応するため、連邦準備制度理事会(FRB)はここ数日 間にわたって異例の措置を取ったが、一般市民が直面する危機への対応はまっ たく講じられていない」と指摘。この提案は、支援資金を必要に応じて州や自 治体に割り当てられるものだと説明した。

同議員はすでに、90日間の差し押さえ保留や変動型サブプライムローン(信 用力の低い個人向けの住宅融資)金利の凍結などの支援措置を提案している。

クリントン議員は「私は、議会と大統領に第2弾の景気刺激法案を成立さ せるよう求めている」と言明。住宅所有者や窮状に追い込まれた地域社会にと っての「生命線」になると指摘した。

同議員はまた、金融市場の大幅な落ち込みを避けるためには、FRBが今 週実施した措置以上の対応をする必要があるとの考えを示した。同議員は、24 日に予定しているフィラデルフィアでの演説で、対策の詳細を明らかにする方 針。

-- Editor: Robin Meszoly, Laurie Asseo.

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor: Fumihiko Kasahara 記事に関する記者への問い合わせ先: Lorraine Woellert with the Clinton campaign in Indiana at +1-202-624-1963 or lwoellert@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Michael Forsythe at +1-202-624-1940 or mforsythe@bloomberg.net.

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE