ベアーS債:救済買収で社債投資家に安堵感-サムライは1800億円(2)

米サブプライム問題で実質的に破たんし た米大手証券ベアー・スターンズの社債に対する安心感が急回復している。米 銀大手のJPモルガン・チェースによる同社の買収合意を受けて、デフォルト (債務不履行)の危機感が薄れ信用リスク不安が後退したためだ。日本では同社 が発行した円建て外債(サムライ債)1775億円が残存している。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。