日本株は小幅安へ、市況急落で商社や海運に売り-国内外景気に警戒感

週末の東京株式相場は小幅安となる見通 し。米国の景気減速を背景とした商品市況の悪化から、大手商社や非鉄金属株 などが安くなりそう。海運市況の軟化から海運株の下げも大きくなると予想さ れる。月例経済報告で、景気の基調判断が2カ月連続で下方修正されたことか ら、通信や小売りなど内需関連株にも売りが先行しそうだ。

半面、米国で住宅ローン市場が安定につながるとの見方が強まったことで 金融株は高くなるほか、商品価格の下落がコスト低下につながる鉄鋼株なども 上昇の公算で、株価指数の下値を支えるとみられる。これら業種の上げが徐々 に拡大するようなら、指数は朝安後にプラスへ転じる公算もある。

大和住銀投信投資顧問の門司総一郎チーフストラテジストは、「東京市場 休場中の米国株など、海外動向はプラスとマイナスの両面がある。19日の終値 を挟んで、比較的底堅い動きになるのではないか」と予想した。門司氏による きょうの日経平均株価の予想レンジは1万2000円-1万2500円。

シカゴ先物市場(CME)の日経平均先物6月物の20日清算値は1万 2220円で、大阪証券取引所の19日通常取引終値(1万2270円)に比べて50 円安だった。

商品相場が急落、国内景気にも厳しさ

商品市況の下落傾向が強まっている。連邦公開市場委員会(FOMC)の 利下げ幅が市場予想より小さかったほか、エネルギー省が発表した在庫統計で 米国の需要減が示されたことで、19日のニューヨーク原油先物相場は前日比

4.5%安と昨年8月以来の急落となった。金なども下落している。三菱商事な どの大手商社や住友金属鉱山などの非鉄金属株は、市況上昇による利益押し上 げ期待が後退することで下落が予想される。

また、ばら積み船の運賃指標となるバルチック取引所(ロンドン)のバル チック・ドライ指数は20日に8日続落となった。市況軟化による業績先行き 不透明感から、海運株も安くなりそう。

一方、国内では19日夕に発表された3月の月例経済報告では、企業収益 の減少を背景に設備投資と生産活動が横ばいとなったことから、基調判断を 「景気回復はこのところ足踏み状態にある」へと下方修正した。04年11月- 12月以来の2カ月連続の下方修正で、景気の厳しさがあらためて再認識される ことから、内需関連株も売りが優勢となる公算。

金融株は下支え

半面、金融株は指数の下値を支えそうだ。米連邦住宅公社監督局(OFH EO)は19日、ファニーメイとフレディマックに対する資本規制を緩和。自 己資本比率の最低基準上乗せ幅を30%から20%に引き下げた。これにより、 住宅ローン担保証券市場に2000億ドルが流入する道が開かれた。

20日の米国株市場では住宅ローン購入が拡大し、住宅ローン市場の安定に つながるとのアナリスト指摘が好感され、S&P500種の業種別10指数で金融 株指数は前日比6.9%高となった。「クレジット市場ではリスクに対するスプ レッドも縮小傾向が見られ、リスク低下から銀行や証券、その他金融などは買 われやすい」(大和住銀の門司氏)という。

東京休場中の米国株は通算で小安い

米主要株価3指数の20日終値は、S&P500種株価指数が前日比31.09ポ イント(2.4%)高の1329.51、ダウ工業株30種平均は261.66ドル(2.2%) 高の12361.32、ナスダック総合指数は48.15ポイント(2.2%)高の2258.11。

東京市場が休場中だったことを考慮した18日終値との比較では、S&P 500種株価指数は0.1%安、ナスダック総合指数は0.4%安だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE