米国株(20日):急反発、ファニーなど金融株がけん引-GEも高い

米株式相場は大幅反発。週間ベースでは 今月初のプラスで終えた。住宅金融大手のファニーメイ(連邦住宅抵当金庫) とフレディマック(米連邦住宅貸付抵当公社)の住宅ローン購入が拡大し、住 宅ローン市場の安定につながるとのアナリスト指摘が好感された。またメリル リンチがゼネラル・エレクトリック(GE)の株式を買い推奨としたことで地 合いが改善した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。