米国株(20日):急反発、ファニーなど金融株がけん引-GEも高い

米株式相場は大幅反発。週間ベースでは 今月初のプラスで終えた。住宅金融大手のファニーメイ(連邦住宅抵当金庫) とフレディマック(米連邦住宅貸付抵当公社)の住宅ローン購入が拡大し、住 宅ローン市場の安定につながるとのアナリスト指摘が好感された。またメリル リンチがゼネラル・エレクトリック(GE)の株式を買い推奨としたことで地 合いが改善した。

キーフ・ブリュイエット・アンド・ウッズはファニーメイとフレディマッ クの株式投資判断を引き上げ、S&P500種の金融株価指数は両銘柄のけん引 で6.9%上昇した。時価総額で米国2位のGEは年初来高値を更新。メリルの アナリストらはリセッション(景気後退)に陥ってもGEの収益は持ちこたえ られるとの見方を示した。リーマン・ブラザーズ・ホールディングスやベア ー・スターンズ、モルガン・スタンレーはいずれも10%を超える値上がり。連 邦準備制度理事会(FRB)の措置が住宅ローン焦げ付きによる金融機関の損 失の抑制に効果を発揮しているとの見方が広がった。

S&P500種株価指数は31.09ポイント(2.4%)高の1329.51。ダウ 工業株30種平均は261.66ドル(2.2%)高の12361.32。ナスダック総合 指数は48.15ポイント(2.2%)上げて2258.11で終えた。

MFSインベストメント・マネジメントの主任投資ストラテジスト、ジェ ームズ・スワンソン氏(ボストン在勤)は、「ファニーとフレディは金融危機 に伴う打撃を弱め、事態は一段の悪化を免れた」と評価。「米国以外の経済は 持ちこたえている。大手多国籍企業が今もなお大幅な増益を遂げていることが これを物語っている」と述べた。

エネルギー株と素材株

商品市場では金が週間ベースで1990年以来最大の値下がりを記録。S& P500種は素材株の下げで上値が重くなった。アジアの株式相場は商品下落に 圧迫された。欧州の株式相場は金融大手のクレディ・スイス・グループが信用 市場の機能不全で損失計上を余儀なくされるとの見方を示したことから、値下 がりした。

21日はグッドフライデー(聖金曜日)の祝日で北米、南米とも金融市場 は休場になる。

ファニーメイは3.59ドル高の34.30ドル。フレディマックは2.68ド ル上昇して32.58ドル。キーフ・ブリィイエット・アンド・ウッズのアナリス ト、フレデリック・キャノン氏は両銘柄の投資判断を「マーケットパフォー ム」から「アウトパフォーム」に引き上げた。米連邦住宅公社監督局(OFH EO)は19日、ファニーメイとフレディマックに対する資本規制を緩和。自 己資本比率の最低基準上乗せ幅を30%から20%に引き下げた。これにより、 住宅ローン担保証券市場に2000億ドルが流入する道が開かれた。

「危機は終わった」

銀行や証券会社の株価も上昇。パンク・ジーゲルのアナリスト、リチャー ド・ボーブ氏はリポートで、「米金融危機は終わった」との見方に基づき、金 融株の下落で投資家にはまれに見るチャンスが生じていると指摘した。

資産規模で米最大の銀行、シティグループは2.09ドル高の22.50ドル。 同2位のバンク・オブ・アメリカ(BOA)や証券最大手のゴールドマン・サ ックス・グループも上昇した。

ボーブ氏は8カ月前は金融株を売りに指定。金融株はその後、一段安とな り、アメックス証券株価指数は4カ月で19%下げた。同氏は昨年11月にはシ ティの買いを推奨。株価はその後、27%下げた。

リーマンとベアーS

リーマンは15%高。前日は9.2%安、その前は46%急伸していた。モル ガン・スタンレーはこの日は14%高。JPモルガンへの身売りで合意したベア ー・スターンズは12%値上がりした。

GEも高い。メリルリンチはGEの株式投資判断を「中立」から「買い」 に引き上げた。同社アナリストのジョン・G・インチ氏はリポートで、平均を 上回るGEの配当利回りと発電事業への投資拡大などが収益に好影響を及ぼす と指摘した。

S&P500種は週初から3.2%上昇。18日には利下げで景気が持ち直す との期待から、5年ぶりの大幅高を記録。ブルームバーグが今月3日から10 日にかけて実施した調査では、第1四半期米経済成長率の予想中央値は0.1%。 第2、第3四半期には加速すると予想されている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE