NY外為(20日):ドルが資源国通貨に対し上昇、商品安映す

ニューヨーク外国為替市場ではドル が商品生産国の通貨に対して広範に値を上げた。世界的な景気減速観測 が広がるなか、金や原油を含む原材料相場は2日続落した。

ノルウェー・クローネとオーストラリア・ドルは1.7%下落。BM Oキャピタル・マーケッツのグローバル通貨ストラテジスト、アンドル ー・ブッシュ氏は、「広範にわたり大量のレバレッジ解消がみられる。 ドルにとってこれは一時的な下支え材料だ」と述べた。

ニューヨーク時間午後4時1分現在、ドルはユーロに対し1ユーロ =1.5415ドルと、前日の同1.5626ドルから上昇した。これは昨年12月 以来の大幅高。ドルは今月17日に付けた対ユーロでの過去最安値(1ユ ーロ=1.5903ドル)からほぼ3%反発している。

ノルウェー・クローネは対ドルで1ドル=5.2662クローネと、前日 の同5.1755クローネから下落。一時は2月26日以来の安値を付けた。 オーストラリア・ドルは対米ドルで1豪ドル=89.93米セント。前日は同

91.41米セントだった。円はユーロに対し前日比1.3%上昇の1ユーロ= 152円86銭。

18日のFOMCでの利下げ幅が0.75ポイントだったことを受けて、 商品相場の下落、ドル反発が進んだ。この利下げ幅は1ポイントの予想 を下回るもので、インフレ高進に対するヘッジとしての原油と金に対す る需要が落ち込んだ。

見通しの反転

主要6通貨に対するインターコンチネンタル取引所(ICE)のド ル・インデックスは3日続伸し72.810。19日は72.144だった。ドルが 対ユーロで過去最安値を更新した今月17日には同インデックスは

70.698に低下した。

三菱東京UFJ銀行の為替ストラテジスト、リー・ハードマン氏 (ロンドン在勤)は「原油をはじめとする商品市場のロング(買い持 ち)ポジションの手じまいが相場の主因となっている」と指摘。「これ は商品相場の下落を背景に、ドルにとっては好材料となる可能性があ る」と付け加えた。

同氏はさらに、ドルは今後数週間でユーロに対し1ユーロ=1.5280 ドルに上昇する可能性があり、同水準ではドルの売り注文が控えている ことから上値抵抗線にぶつかる見通しだとの予想を示した。その上で、 FOMCが昨年9月以来6回の利下げに続きさらに金利引下げを継続す る場合には、ドルは再び下落に転じ、対ユーロで1ユーロ=1.60ドルに 向かう可能性があるとの見方を示した。

商品相場の軟調

金相場は週間ベースで1990年以来の大幅な下げとなった。原油相場 は今週、過去最高値から8.9%下落した。銅相場は週間ベースで10カ月 ぶりの大幅な下げとなった。

南ア・ランドは対ドルで前日比1.1%安の1ドル=8.1775ランド。 カナダ・ドルは対米ドルで1米ドル=1.0295加ドルと、1月23日以来 の安値を付けた。前日は同1.0137加ドルだった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE