クレディ・スイス株急落、02年10月以来で最大の下げ-赤字見通しで

20日のスイス市場で、同国の銀行2位、ク レディ・スイス・グループの株価が一時、2002年10月以来で最大の値下がりと なった。評価損により2008年1-3月(第1四半期)が赤字となるとの見通し を示したことが嫌気された。

クレディ・スイス株はチューリヒ時間午後3時9分(日本時間午後11時9 分)までに一時11%値下がりした。同社は07年10-12月(第4四半期)と今 年第1四半期に分けて26億5000万ドル(約2630億円)の評価損を計上すると 発表し、第1四半期が黒字となる「可能性は低い」ことを明らかにした。

また、内部調査の結果、2月に公表した価格評価の誤りは「少数の」トレー ダーの故意によるものだったことが分かったと公表し、これらの従業員を解雇ま たは停職処分にしたことも明らかにした。

四半期赤字は2003年以来で初めて。同社は第4四半期の純利益を5億4000 万スイス・フランと、発表済みの額から60%近く下方修正した。これにより、 07年通期利益も77億6000万スイス・フランに下方修正された。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE