3月のフィラデルフィア連銀製造業景況指数:マイナス17.4(2)

米フィラデルフィア連銀が20日に 発表した3月の同地区の製造業景況指数はマイナス17.4と4カ月連続の マイナスとなった。前月のマイナス24からはマイナス幅が縮小した。ブ ルームバーグ・ニュースが実施したエコノミスト調査の予想中央値はマ イナス19.0だった。前回、同指数が4カ月連続でマイナスとなったのは 2003年。同指数のゼロは景況感の拡大と縮小の境目を示す。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。