中国人民元:ペッグ制廃止後の高値更新-元の上昇ペース加速との観測

中国の外国為替取引では20日、人民元がド ルに対し上昇し、2005年7月のドル・ペッグ(連動)制廃止後の最高値を更新 した。中国がインフレ抑制のために、人民元の上昇ペースを加速させるとの見 方が元買いにつながった。

中国の温家宝首相は今週、インフレ抑制に向け「強力な」措置を取ると発 言した。人民元相場は年初来で3.6%上昇している。中国人民銀行は19日、米 景気が減速するなかで、ドルは2008年1-6月(上期)に下落を続ける公算が 大きいとの見通しを示した。

オーバーシーズ・チャイニーズ銀行(OCBC)の通貨ストラテジスト、 エマニュエル・エン氏は、「当局はインフレ抑制のために為替レートを利用する ことを一段と明白にしてきている」と指摘した。同氏は、人民元が年内に10% 上昇するとみている。

中国外国為替取引システム(CFETS)によると、人民元は上海時間午 後5時半(日本時間同6時半)現在、1ドル=7.0516元となった。一時は7.0512 元まで上昇し、ペッグ制廃止後の最高値を付けた。前日は同7.0630元だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE