ドルが底値を付けたというのは時期尚早-コモンウェルス銀グレース氏

【記者:Ron Harui 、 Catherine Yang】

3月19日(ブルームバーグ): オーストラリアのコモンウェルス銀行のチ ーフ通貨ストラテジスト、リチャード・グレース氏は19日、ブルームバーグテ レビジョンとのインタビューで、米ドルの見通しや米金融政策について次のよ うにコメントした。米金融当局は18日、フェデラルファンド(FF)金利誘導 目標を0.75ポイント引き下げて2.25%とした。

「次回連邦公開市場委員会(FOMC)が開催される4月30日に、次の利 下げがあると予想している。ドルは上値が重い状況が続く可能性が高い。米国 債の利回り曲線でみると、年限5年未満については現時点で、インフレを調整 した実質利回りはマイナスだ」

「これは、米ドルが大幅な上昇を維持する状況ではない。前日遅くはドル が若干反発した」

「ドルが最終的な底値を付けたと言うのは時期尚早だ。ドルは当面、底値 に沿って変動する可能性が高く、それはこれまでの循環の典型だ」

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE