台湾の中国鋼鉄: 10-12月、3.2%増益-需要増による値上げ寄与

台湾最大の製鉄会社、中国鋼鉄の2007年10- 12月(第4四半期)業績は、前年同期比3.2%増益となった。コスト上昇にもかか わらず、需要拡大に伴う値上げが寄与した。

純利益は129億台湾ドルと、前年同期の125億台湾ドルから増加。昨年10- 12月期の数字は、中国鋼鉄が19日発表した07年通期決算から1-9月期分を差 し引いて算出したもの。同社が証券取引所に提出した資料によれば、10-12月期 の売上高は前年同期比12%増の557億台湾ドルだった。

中国鋼鉄は昨年、建設会社や製造企業からの需要増加を背景に、国内価格を4 回引き上げた。台湾の2007年経済成長率は5.7%と、3年ぶり高成長となった。 これが鋼鉄消費を押し上げている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE