インド株(19日):センセックス指数上昇-ラーセンとイエス銀高い

インド株式市場ではセンセックス30種指 数が上昇した。インド最大のエンジニアリング会社、ラーセン・アンド・トゥブ ロが高い。大型発動機製造のため生産能力を引き上げる計画や外貨建て債務の 一部をルピーに転換する方針を示したことが手掛かり。

米連邦公開市場委員会(FOMC)が18日、フェデラルファンド(F F)金利の誘導目標を0.75ポイント引き下げて2.25%としたことを受けて、 銀行株の一角も買われた。

ボンベイ証券取引所のセンセックス30種指数は前日比161.37ポイント(1.1 %)高の14994.83。米利下げを好感した世界的な株高の流れの中で一時は4.3 %高となった。週間ベースでは4.9%下落し、3週連続安となった。20-21日 のインド株式市場は祝日のため休場となる。

ラーセン(LT IN)は続伸し、75.05ルピー(2.7%)高の2839ルピーで終 了。オランダのラボバンクが出資するイエス銀行(YES IN)は10.75ルピー (8.5%)高の137.15ルピーと、昨年10月23日以降で最大の上げとなった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE