米国株(19日):反落、景気悪化懸念で売り-ダウ平均293ドル安(2)

米株式相場は反落。S&P500種株価指 数は前日の上昇分のおよそ半分を失った。商品相場が下落し、石油株や鉱山株 が下げた。金融保証会社(モノライン)XLキャピタル・アシュアランスがメ リルリンチの住宅ローン関連証券の保証を取りやめようとしたことも売りを誘 った。

エクソンモービルやシェブロン、コノコフィリップスなど石油株が安い。 米連邦公開市場委員会(FOMC)の利下げにもかかかわらず、リセッション (景気後退)は回避できないとの見方がエネルギー需要の低迷を受けて強まっ た。モルガン・スタンレーの決算が予想を上回り、ファニーメイ(連邦住宅抵 当金庫)やフレディマック(連邦住宅貸付抵当公社)が住宅ローンと関連担保 証券の購入拡大を認められた。これを好感し、金融株は買いが先行したが、メ リルリンチのニュースで下げに転じた。

S&P500種株価指数は前日比32.32ポイント(2.4%)安の1298.42 で終了。ダウ工業株30種平均は293ドル(2.4%)下落し12099.66。ナス ダック総合指数は58.30ポイント(2.6%)下げ2209.96で終えた。ニュー ヨーク証券取引所(NYSE)の騰落比率は2対9。

ボストン・アドバイザーズのポートフォリオマネジャー、ジェームズ・ ガウル氏は「不安が市場を支配している。リセッションが長く深いものになる との見方が増えており、商品価格やエネルギー相場を押し下げている」と述べ た。

S&P500種のエネルギー株指数は5.4%安と、2002年8月以来の大幅 な下げ。原油相場が5ドル近く下落したことを嫌気した。前日に8.5%上昇し た金融株指数は2%下落した。

鉱山株や石油株の不振

シェブロンは4.9%安。コノコフィリップスは6%下落。エクソンも下げ た。原油相場は4.5%安と昨年8月以来のきつい下げとなった。

素材株指数は6.3%下落。産金世界最大手の加バリック・ゴールドや同2 位のニューモント・マイニングが下げた。18日にFOMCが実施した利下げ幅 が予想を下回ったため、インフレヘッジとしての金の魅力が弱まり、19日の金 先物相場は59ドル(5.9%)安と過去最大の下げとなった。

メリル、リーマン

メリルリンチは11%下落。同社は30億ドル相当の債務担保証券(CD O)の保証を実施するよう求め、XLキャピタルを訴えた。

前日に予想を上回る決算を発表し、46%上昇したリーマン・ブラザーズ・ ホールディングスも下げた。サンフォード・バーンスティンのアナリストは、 リーマンが870億ドルの劣化した債券をバランスシートから切り離さない限り、 評価損の計上が続くとの見解を示した。

ファースト・イーグル・グローバル・ファンドのジャンマリー・エベイア ール氏は「強い不透明感とリスクが残っている。FOMCは状況を打開しよう と必死だ」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE