欧州株(19日):反落、エリクソンやドイツテレコム安い-業績懸念で

欧州株式相場は反落。テクノロジーと電気通 信株が下げをけん引した。スウェーデンの無線通信機器メーカー、エリクソンの 携帯電話部門が減益見通しを明らかにしたのに加え、ドイツの電話会社、ドイツ テレコムが国内市場からの収益が減少するとの予測を示したことが売りにつなが った。

エリクソンは4カ月ぶりの大幅安、ドイツテレコムは一時13%急落した。

ダウ欧州株価指数は前日比1%安の297.48で終了。年初来では18%安。 前日の同指数は大幅上昇し、1日の上昇率としては今年最大となっていた。

Iimiaミトンオプティマル(英国・エクセター)で約24億ドルの資産 運用に携わるリチャード・スコット氏は「投資家の自信が引き続き揺らいでおり、 これが断続的な株式の投げ売りにつながっている」と指摘した。

19日の西欧市場では、スイスとルクセンブルクを除く16市場で株価指数が 低下した。ダウ欧州50種株価指数は1.2%低下、ダウ・ユーロ50種株価指数は

0.8%下げた。

エリクソン

エリクソンは7.8%安。同社とソニーの合弁会社、ソニー・エリクソン・モ バイル・コミュニケーションズは、予想を下回る端末販売台数や調査費用の増加、 部品不足で、2008年1-3月(第1四半期)の利益と売上高が影響を受ける見 通しだと発表した。

フィンランドの携帯電話メーカー、ノキアは5.9%下落した。

電話株

ドイツテレコムは6.9%下げた。同社はドイツ国内のインターネットと固定 回線電話の両部門で2008年の売上高と利益が減少すると発表した。イタリアの 電話会社、テレコム・イタリアは5.4%下落した。

英独仏の株式指標

英国FT100指数は前日比60.2ポイント(1.1%)安の5545.6。FTオール シェア指数は同27.91ポイント(1%)下げて2840.75。

ドイツのDAX指数は同32.17ポイント(0.5%)安の6361.22。HDAX 指数は22.70ポイント(0.7%)低下し3238.10。

フランスのCAC40指数は同26.64ポイント(0.6%)下げ4555.95で終了 した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE