NY原油(19日):昨年8月以来最大の下げ-米利下げ幅や需要減で売り

ニューヨーク原油先物相場は大幅反落。 昨年8月以来で最大の下げだった。連邦公開市場委員会(FOMC)の利下げ 幅が市場予想より小さかったほか、エネルギー省が発表した在庫統計で米国の 需要減が示されたのが背景。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。