福田首相:日銀総裁空席で結果責任を痛感

福田康夫首相は19日夜、福井俊彦日本銀行 総裁の後任が決まらず空席となることが確実となったことについて「こういう結 果になったことに責任を痛感している。なるべく短くするよう努力する」と述べ た。首相官邸で記者団に語った。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。