町村官房長官:日銀総裁空席は残念、長期化せぬよう対応検討(2)

町村信孝官房長官は19日午後の記者会見で、 福井俊彦日本銀行総裁の後任が決まらず空席となることが確実となったことに ついて「大変残念なことだ。率直に受け止めて空席が長引かないように対応を 検討したい」と述べた。新たな人事案を与野党に提示するめどについては「断定 的に言うことはできない」と語った。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。