ソニー・エリクソン:1-3月の業績、予想下回る販売が影響へ(2)

世界4位の携帯電話端末メーカー、ソニー・ エリクソン・モバイルコミュニケーションズは19日、予想を下回る端末販売台 数や調査費用の増加、部品不足で、2008年1-3月(第1四半期)の利益と売 上高が影響を受ける見通しだと発表した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。