東芝:今期純利益31%下方修正で減益-メモリー下落と「HD」撤退(3)

半導体国内最大手の東芝は19日、今期 (2008年3月期)の連結業績予想の下方修正を発表した。純利益は従来予想を 31%減額して1250億円とした。主要製品であるメモリー価格下落や、次世代 DVD「HD-DVD」撤退損失計上が理由としている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。