米デルタ:従業員3万人に早期退職勧奨へ、45機を運航停止-株価上昇

米航空3位のデルタ航空は18日、当初予定 の倍の航空機を運航停止にするとともに、全従業員の半分強に当たる3万人に対 し早期退職を勧奨することを明らかにした。過去最高水準にある燃料コストや米 景気減速に対応する。同社株は、6週間ぶりの大幅高となった。

エド・バスティアン最高財務責任者(CFO)はリポートで、早期・希望退 職制度により、米国でパイロット以外の従業員2000人の削減を見込んでいるこ とを明らかにした。これは全従業員の3.6%に当たる。また運航便数の減少や路 線縮小のなか、航空機45機を運航停止にするとしている。

燃料価格が過去1年間で87%上昇したことで、デルタは苦しい状況が続い ている。同社は、今年のジェット燃料コストが昨年よりも20億ドル(約1980億 円)増加するとの見方を示している。

ニューヨーク証券取引所でデルタの株価は、前日比86セント(9.3%)高の

10.09ドルで終了。上昇率は2月1日以来最大となった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE