モルガンS:12-2月は57%減益か、流動性では安心感も-きょう発表

米証券大手のモルガン・スタンレーが19日 発表する2007年12月-08年2月(第1四半期)決算は、前年同期比で57%減 益となったもようだ。また、手元資金の豊富さも示される見込みで、18日に決 算発表した同業の米ゴールマン・サックス・グループとリーマン・ブラザーズに 続き、市場に安心感をもたらしそうだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。