米ファニーメイとフレディマックに対する資本規制緩和も-関係者

米住宅金融大手のファニーメイ(連邦住宅 抵当金庫)とフレディマック(連邦住宅貸付抵当公社)に対する資本規制が緩 和される可能性がある。米監督当局は両社合わせて1兆5000億ドル(約149 兆円)ある投資をさらに拡大し、住宅ローン証券市場の復活を促すことを狙っ ているという。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。