中国:チベット騒乱で105人投降-ダライ・ラマ14世は公正な扱い要請

中国政府当局によると、チベット自治区 ラサで先週起きた騒乱で、暴動に参加した105人が警察に出頭した。チベッ ト仏教最高指導者ダライ・ラマ14世は当局に対し、自制し投降者を公正に扱 うよう求めている。

中国国営の新華社通信は19日、一般市民13人が死亡し300余りの建物 が放火された今回の暴動について、警察当局は自ら出頭した暴動参加者に対し ては寛大な措置を取る姿勢を示していると報じた。

ダライ・ラマ14世は声明で、今回の騒乱は「長年の抑圧で積もりに積も っていた民衆の怒りが自然発生的に爆発したものだ」と指摘している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE