中国人民元:ペッグ制廃止後の最高値更新-預金準備率引き上げで

中国の外国為替取引では19日、人民元が ドルに対し上昇し、2005年7月のペッグ(連動)制廃止後の最高値を更新し た。中国人民銀行が今年2回目の市中銀行向け預金準備率引き上げを発表した ことを受け、中国がインフレ対策を加速しているとの見方が強まった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。