東京外為:ドルもみ合い、信用不安緩和もドル先安観根強い-100円前後

午前の東京外国為替市場ではドルが3営業 日ぶりのドル高値圏でもみ合っている。米国の大手証券決算や利下げを受け、 過度の信用収縮不安が後退する中、前日の海外市場の流れを引き継ぐ形で朝方 はドルの買い戻しが先行。しかし、ドルの戻りでは売り意欲が根強く、ドル・ 円相場は1ドル=100円ちょうど前後で売り買い交錯の展開となっている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。