米ビザ:米史上最大規模のIPO実施で179億ドルを調達-予想上回る

クレジットカード最大手のビザが18日実 施した新規株式公開(IPO)は米史上最大規模となり、資金調達額は179億 ドル(約1兆8000億円)と予想を上回った。

ブルームバーグ・ニュースのデータによれば、ビザは4億600万株を1株 当たり44ドルと、仮条件レンジ(37-42ドル)を上回る水準で売却した。

ジョセフ・ソーンダーズ最高経営責任者(CEO)は、IPOを行う上で は2001年以来で最悪の市場環境の中で、実施に踏み切った。今年に入り新株へ の需要は後退しており、ブルームバーグのデータによれば、17日現在、133社 が実施したIPOによる資金調達額は計160億ドルと、前年同期を47%下回っ ている。

ビザのIPO規模は、2000年の米AT&Tワイヤレス・グループによる 106億ドルを上回り、世界では06年の中国工商銀行の220億ドルに次ぐ2位。

ビザ株は19日にニューヨーク証券取引所(NYSE)に上場する。銘柄コ ードはVとなる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE