米ヤフー:08、09年売上高は19%増の見通し-アナリスト予想上回る

ポータル(玄関)サイト大手、米ヤフーは 18日、2009年と10年の売上高がそれぞれ少なくとも前年比19%増になるとの 見通しを示した。ソフトウエア最大手の米マイクロソフトからの446億ドル(約 4兆4500億円)での買収提案を拒否した判断が正しいことを示す増収率予想と なった。

18日の米株式市場では、ヤフーが09年と10年の増収率がアナリスト予想 を上回るとの見通しを示したことを受け、マイクロソフトが買収を提案した2月 1日以来の大幅な上げとなった。

ヤフーはアジアでの事業展開や、検索で世界2位の実績、経費削減の見込み を挙げ、自社の価値はマイクロソフトの提示額を上回ると述べた。ジェリー・ヤ ン最高経営責任者(CEO)は、マイクロソフトの提示額を下回るヤフーの株価 が一段と下落するなか、株主に対し自分の決断の正しさを理解してもらおうと努 力してきた。

スタンフォード・グループのアナリスト、クレイトン・モラン氏は今回のヤ フーの発表について、「これは、彼らがより高い買収提案を受けるための新たな 策だ」と指摘。「ヤフーの代替案が後退していることを反映している」と説明し た。

17日のヤフーの株価はマイクロソフトの提示額を11%下回っており、投資 家が買収失敗への懸念を抱いていることを示している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE