米リーマン:12-2月期、予想より小幅の57%減益-株価46%高(3)

米証券大手のリーマン・ブラザー ズ・ホールディングスが18日発表した2007年12月-08年2月(第1 四半期)決算は、前年同期比57%の減益だった。ただ、減益率はアナリ スト予想を下回った。同社はまた株主に対し、存続に必要な資本を十分 に有しているとあらためて訴えた。同社株価は46%急伸、前日の過去最 大の下げを相殺し、さらに上昇した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。