2月米生産者物価指数:コアは0.5%上昇、06年11月以来で最大(2)

(第3段落以降を伝えます)

【記者:Bob Willis】

3月18日(ブル-ムバ-グ):米労働省が18日に発表した2月の生産者物 価指数(PPI)全完成品は前月比0.3%上昇と、前月の1%上昇からは伸び が鈍化した。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予想中央値は

0.4%上昇だった。

食品とエネルギー価格を除いたコア指数は0.5%上昇(前月は0.4%上昇)と、 2006年11月以来で最大の伸びを記録。市場予想(0.2%上昇)も大きく上回っ た。

前年比ではPPI全完成品が6.4%上昇した。コア指数は同2.4%上昇した。

エネルギー価格は前月比0.8%上昇(前月1.5%上昇)した。ガソリン価格は

2.9%上昇。天然ガスは5.7%上昇と、2005年10月以来で最大の伸び。食品は

0.5%低下、前月は1.7%上昇だった。2月は特に野菜・果物が低下した。

ムーディーズ・エコノミー・ドット・コムのシニアエコノミスト、アーロ ン・スミス氏は、「消費者はかなり厳しい状況に置かれており、生産者が直面 している投入価格の上昇分を吸収しないだろう。生産の初期段階における価格 上昇分の転嫁はこれまでのようにはいかないだろう」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE