中国中銀:預金準備率を0.5ポイント上げ15.5%に-今年2回目(2)

中国人民銀行は18日、預金準備率を0.5 ポイント引き上げ15.5%にすると発表した。今年に入り2回目の引き上げで、 準備率は過去最高となる。温家宝首相はこの日、インフレ抑制に向け「強力な」 措置を取ると発言していた。

人民銀がウェブサイトに掲載した声明によると、引き上げは3月25日から 実施する。温首相は「適切で強力な」手段によって物価急上昇に対応すると述 べていた。インフレ対策が景気を減速させるとの懸念から、中国株は18日、7 週間で最大の下げを演じた。

米銀バンク・オブ・アメリカ(BOA)の中華圏経済・ストラテジー担 当責任者、王濤氏(北京在勤)は、「準備率引き上げは緩やかな第一歩にすぎ ない」として、「利上げを含め、一連の金融引き締めや融資規制強化の策が徐々 に発表されていくだろう」と述べた。

人民銀の周小川総裁はこの日、利上げの可能性を示唆した。同総裁は、中 国当局はインフレ対応で複数の手段を組み合わせる必要があるとした上で、金 利や準備率などでの金融引き締めの余地はあるとの考えを示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE