2月の英インフレ率:2.5%、9カ月ぶり高水準-市場予想と一致(2

英政府統計局(ONS)が18日発表した2 月の英消費者物価指数(HICP)は前年同月比2.5%上昇と、9カ月ぶりの大 幅な伸びとなった。ガス・電気の値上がりが影響した。イングランド銀行による 利下げ余地が限られていることを示す形となった。1月は2.2%上昇だった。

2.5%の上昇率は、ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト31 人の予想中央値と一致した。2月は前月比では0.7%上昇と、2001年5月以来の 大幅な伸びとなった。

インフレ率は、イングランド銀が目標とする2%を5カ月連続で上回ってい る。同行のキング総裁は先月、消費者物価の上昇ペースがさらに加速する可能性 があるとの認識を示した。当局者らは、景気てこ入れのため利下げを検討するな かジレンマに直面していると語っている。

フォルティス銀行のエコノミスト、ニック・コーニス氏(アムステルダム在 勤)は「イングランド銀の最大の懸念は、目標水準を大きく上回っているインフ レ率の期間だ」と指摘した上で、「一方で、彼らは著しい景気減速に直面してい る。これは金融政策委員会(MPC)の発足以来、最大の難題だ」と述べた。

同日発表された2月の英小売物価指数は、前年同月比4.1%上昇と、前月と 同じ伸び率。前月比では0.8%上昇と、06年12月以来最も高い伸びとなった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE