日銀総裁候補の田波氏:金融政策は予断を排し果断に―所信聴取(3)

19日で任期満了となる日本銀行の福井俊 彦総裁の後任候補である田波耕治国際協力銀行総裁は18日午後、衆院議院運営 委員会で行われた所信聴取で、金融政策運営について「内外経済で不確実性が高 まっていることから、種々のリスク要因を綿密に分析し、予断を排し、政策判断 を果断に行うことが求められている」と述べた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。