日本株(終了)内需中心に反発、米利下げ期待や円高一服-保険が急伸

東京株式相場は4営業日ぶりに反発。米 国での大幅な利下げ期待や、急激な円高進行の一服による外部環境の落ち着き が好感された。金融株や円高メリット株、高配当利回り株など内需関連中心に 前日急落後の見直し買いが入り、ドイツ証券が格上げしたあいおい損害保険が 急伸するなど、保険株は東証1部の業種別33指数の上昇率1位となった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。