香港株(午前):下落、中国首相のインフレ対策発言で-平安保険安い

午前の香港株式相場は下落。中国の温家宝 首相が、インフレ抑制に向けて「強力」な措置をとると発言したことを嫌気し、 ハンセン指数は7カ月ぶり低水準となった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。