米リーマンの12月-2月:58%減益、評価損35億ドルか-きょう発表

米証券4位のリーマン・ブラザーズ・ホール ディングスが18日発表する2007年12月-08年2月(第1四半期)決算は、 純利益が四半期ベースで03年以来の低水準となるもようだ。同社は17日、同 業ベアー・スターンズの身売りに伴う株式投げ売りの影響で、時価総額のほぼ2 割を失っている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。