債券は午後に一段安、高値警戒で先物中心に売り-20年入札は無事通過

債券相場は午後に一段安(利回りは上昇)。 日経平均株価の反発に加え、前日の相場上昇を受けて高値警戒感が強く、先物 市場を中心に売り優勢の展開が続いている。20年国債入札の結果がまずまず順 調だったことを受けて、先物を売って、超長期債に買いを入れる取引も相場を 押し下げている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。