ウシオ電機社長:アナリスト予想は「高いハードル」-来期営業利益

産業用ランプや光学系製造装置を展開する ウシオ電機の菅田史朗社長は18日放映のブルームバーグテレビジョンのインタ ビューで、北米を中心にオフィスオートメーション(OA)など業界の成長が 減速している可能性があるとの見方を示した。来期(2009年3月期)は営業利 益2けた増の確保を目指すものの、現時点でのアナリスト予想の2割増益は 「高いハードル」だと語った。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。