バイロン・ウィーン氏:米国株は「底値」に近づいている可能性も

米ヘッジファンド、ピーコット・キャピタ ル・マネジメントのチーフ投資ストラテジスト、バイロン・ウィーン氏は10日、 S&P500種株価指数が年初から13%下落したことで、米国株相場は「底値」 に近づいている可能性があるとの見方を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。